【セール 登場から人気沸騰】 DEUXIEME プルオーバー アゼ Linen Lily Classe Deuxieme - CLASSE ニット+セーター

【セール 登場から人気沸騰】 DEUXIEME プルオーバー アゼ Linen Lily Classe Deuxieme - CLASSE ニット+セーター
【セール 登場から人気沸騰】 DEUXIEME プルオーバー アゼ Linen Lily Classe Deuxieme - CLASSE ニット+セーター
現在、18名がこの商品を検討中です
NATURAL BEAUTY BASIC - ナチュラルビューティーベーシック ノースリーブ

商品説明

ご覧いただきありがとうございます。

Deuxieme Classe
Lily Linen アゼ プルオーバー

カラー: ホワイト

購入後、未使用タグ付きの状態で自宅保管のお品物です。
畳み直し、ゆうパックかヤマト宅急便60サイズで発送させていただきます。

以下公式サイトより

Deuxieme Classeの名品、Lily Linen ニットが新色で登場。

肩を抜いて着ることもできる広めに開いたボートネックは、ネックラインを華奢な印象に演出。
リネンとシルクを織り交ぜたニットはざっくり感が魅力で、光沢もあり上品見えする一枚です。
リネン特有のさらっと感がありながら、素肌にもやさしい柔らかな肌触り。

女性らしい丸みと、抜け感が生まれる、計算されたフォルムが特徴的。
程よい透け感で、見た目にもヘルシーな清涼感のあるニットです。

そのまま着るだけでスタイルが決まるリネンニット。
完成したシルエットはどのパンツに合わせても絶妙なバランス。
今年はワイドパンツやでハーフパンツで少しモダンに合わせたい。

商品情報

カテゴリ レディース
› トップス
› ニット/セーター
サイズ FREE / ONESIZE
ブランド DEUXIEME CLASSE
商品の状態 新品、未使用
配送料の負担 送料込
配送方法 かんたんラクマパック(日本郵便)
発送日の目安 支払い後、1~2日で発送
発送元の地域 岡山県
☆ベルベット☆回転チェア 4色 クッション付き アクセントチェア

五等分の花嫁∬ デカアクリルスタンド 二乃 カジノ ver.

おかしな日本語「テンションが上がる」

いつから使われるようになったのでしょう。
「テンションが上がる」という表現をやたらと目にします。

「この服着るとテンションが上がるのよね~」
「テンションが上がる曲ベスト100」...など。

ネットで調べてみたら
「妊婦さんもテンションが上がる可愛い母子手帳ケース」
「中学生はコーヒー牛乳でテンションが上がる」
なんてのもありました。

これらの使い方を見てみると、「テンションが上がる」は、「気分が高揚する」、「わくわくする」、「やる気がでる」などの良い意味で使われているようです。

私はこの表現を見聞きするたびに、「テンションは上げたらあかんやろう~」と言いたくなるのです。

■Vivienne Westwood ヴィンテージ WATER ORB 口金二つ折り財布の意味は、そもそも「ぴんと張ること、伸ばすこと」で、物理の用語では「張力にあたるものです。これが精神的な意味になると、「緊張、不安、国家間の緊迫状態」を指します。

Longman の定義 人々や国家間で信頼が築けず、突如互いを攻撃したり論争が始まる可能性がある場合に存在する感覚

Alexander Wang * 人気 scrunchie レザー ハンドバッグ 黒

NIKE★WMNS ICON CLASSIC★厚底★BLACK/WHITE【Christian Louboutin】財布 キーリング ピンナップ レトロになります。
実際に tension rises という表現は、「(好ましくない)緊張が高まる」という意味で普通に使われています。

ロールニット ロールデザイン ストライプニットチュニック

【Golden Goose】 スウェット・トレーナー 送料込み★
日本未入荷 HERMES ウォレット H スポーツ 4色展開 完売前に♪tension rises【CELINE】ラムスキン バレリーナ レース(4色)
Tension rises☆☆☆サイドプリント ストリート おしゃれ ジョガーパンツ 1825
UNHCR - Kosovo: tension rises after killing of Albanian journalist
BOTTEGA VENETA 三つ折りファスナーウォレット/財布 between Chile and Bolivia over water dispute.

これを見てもわかるように、ピンと張り詰めた空気があり、悪い事が起きるのではないかと連想させるのが tension rises です。「気分が上がる、わくわくする」などの意味で使われることは一切ありません。したがって、日本人が使う「テンションが上がる」は、とてもおかしな表現なのです。

日本人同士が良い意味で「テンションが上がる」を使うからって何が問題なんだと言うもいるかもしれませんが、私はこれって危険じゃないかなって思っています。例えばアメリカ人に、「この服を着ると、テンションが上がるの」と楽し気に言いたいときに、"My tension rises whenever I wear this dress." なんて言ったら、「こいつ危ない奴」と思われます。

ある単語を、英語の本来の意味と異なる意味で日本語化して使っていると、その単語に対する固定観念が出来てしまうように思います。これはあまり良いことではない気がします。

では、日本語の意味における「テンションが上がる」を英語で言いたいときには、何と表現するのでしょうか。

★ラッキーシュエトゥ フロントプリントスリムフィットTシャツ

蛇足ですが、昔は smart も間違った使い方がされていました。「あなたってスマートね」の意味は「すらっとしてカッコいい」でしたね。今は smart の英語本来の意味が浸透してきて、「頭が切れる、洗練された」などの意味で使われるようになったようです。

ということで、今日は私が気になっていた言葉「テンションが上がる」について思うところを書いてみました。

ではまた。

☆韓国の人気☆【1993 STUDIO】☆ソフトアンゴラビーニ.ー☆

追記)
◇国内未入荷◇ HERMES (エルメス) 《デイ》 レザー スニーカー

ワッチャプリマジ! ばら売り(4)
【新作】関税込☆ASPESI☆パンツ
M-premier - ◆エムプルミエ M-PREMIER セーター ニット グレー